「冬と夏の省エネ対策」 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

清水 康弘
株式会社参創ハウテック 代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「冬と夏の省エネ対策」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
家づくり

 弊社が造る家は、次世代省エネ基準をクリアしていますが、冬の暖房を効率よく使い、熱を逃げにくくするためには、何と言っても開口部を考えることが大切です。

 図のように、冬は窓から室内の熱が約58%程度逃げてしまいますので、窓の性能や形状を考えたいところですね。

 冬対策のためのサッシやガラスの性能を示す基準は主に熱貫流率、U値で表します。

 ※熱還流率:断熱性能を示す数値(単位U=W/平米・K)で、壁などの部位において、室内から外気のへの熱の通りやすさをいいいます。断熱性能良い窓や壁は熱貫流率の値が小さくなります。

 また、逆に夏対策は窓から約73%程度の熱が入ってきます。今年のような暑い夏は、忌々しい日射を遮る工夫が必要です。
 夏対策は日射遮蔽、ミュー値が決め手になります。

 冬は保温したい、夏は排熱したい。
 この二律背反した課題に取組むところが省エネや温熱を解く難しさでもあります。

 (図の出展:財団法人建築環境・省エネルギー機構「住宅の省エネ基準早わかりガイド)

 

このコラムに類似したコラム

「自立循環型住宅研究会アワード」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/20 14:04)

「認定低炭素住宅」 清水 康弘 - 工務店(2013/04/13 10:15)

「改めて大きな賞だったことを悟りました」 清水 康弘 - 工務店(2013/02/18 18:06)

「大阪出張2日目」 清水 康弘 - 工務店(2010/12/03 15:23)

「自立研アワード」 清水 康弘 - 工務店(2013/11/22 17:44)