時間軸との兼ね合い - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時間軸との兼ね合い

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、昨日は舞台を楽しんで参りました。

今週で10月もオシマイ、いよいよ年末に向けて…です。

 

昨日からの続き、税金と体感について。

節税が体感的には得でも客観的には損になっているケースが

ありますよ、というお話をしました。

ここで「得と損」のポイントについて改めて。

 

かなり重要なことに「時間軸」というものがあります。

例えば保険で「返戻金が多い時期に解約すれば多く戻る」という

タイプの節税を考えたとして…。

その「タイミングの良い時期」というのは、どんなに早くても10年、

遅ければ30年といった単位で物事を考えています。

 

私なら次のように考えます。

・10年先のことなど分からない。

そんな先のことを当てにしてキャッシュを使うのはおかしい。

・10年先のことが読めるくらいの企業なら、下手な節税などいらない。

先が読めようが読めまいが、どちらにせよ合理的な手段では

ないのではないかと思います。

「その保険そのものに用がある」なら加入しても良いと思いますが。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

運用で必要なものその2:余裕資金 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/23 07:00)

保険の解約や受取が一つのポイント 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/21 07:00)

保険で税金を安くする方法 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/20 07:00)

保険での運用:主に税金との関わり 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/19 07:00)

年金と税金 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/11 07:00)