自分の役割は - 仕事・職場全般 - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の役割は

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事・職場全般

久しぶりの書き込みです

先日ある企業研修の講師をしましたが参加者の姿勢について感じたことがありました

ある企業はテーマに合わせて希望者を募り開催し、もう一つの企業はある役職を基準に参加させられた方たちでした

この違いは顕著に表れました

参加者の主体性の違いでした

自分は何のために研修に参加しているのか?あるいはさせられているのか?

当然研修終了後には掴んだものは大きく違うと思います

研修とはそもそもなぜ企業は実施するのか?

あるレベルに対して期待しているものを身に付けさせる、不足しているものを補う、自分自身の問題に気づかせ努力を促す・・・

以前はそのような理由もあったと思いますが、今はどうなのでしょうか?

企業は人なり!

人により企業は成長発展して行くものだと思います

その人に焦点を当てた研修の在り方を見直す時期に来ていると最近特に感じています

その為にはまずは自分自身を見直し、理解した上でこれからを考え自分自身の将来像を描けるところに来た上で自ら望むものを掴める研修を受ける。

こんな研修を提供することが企業側に望まれると思います

企業が実施する研修は決して行事ではありませんし、生産性を上げ成果を掴めるものではなくてはいけないので参加者もそれを理解して臨むこと(自分の役割)

ここに研修参加の意義があると思います

皆さんはどんな気持ちで研修に参加していますか?

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

遠回りしているように感じる迂回路ですが・・。 松本 仁孝 - 行政書士(2011/07/29 10:10)

仕事から何をつかみたいのか? 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2010/12/20 00:09)

変化する企業と社員のキャリア 税所 彰 - キャリアカウンセラー(2010/10/13 14:00)

【No. 10】一足先に上の役職の視点でものを視る 若狭 喜弘 - パーソナルコーチ(2010/06/17 19:00)

新刊『行動格差の時代』 高田 裕子 - キャリアカウンセラー(2013/05/29 11:16)