チェックにおける併用 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

チェックにおける併用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、いい加減寒くなってきました。

庭のアサガオがまだ咲いていますが…結構寒くてもいけるのですね。


昨日からの続き、解釈に関するお話。

解釈という言葉でやや不明瞭であれば、属に言うPDCAのC、

つまりチェック部分だと思って頂けると良いかと思います。

この部分において「数字の力」と「体感の力」の両方を駆使するべき、

というお話をしてきました。


数字のみでチェックをすると、実は身体側で納得していない部分を

見過ごしてしまうことがあります。

そして、この見過ごしが結局は命取り、場合によっては本当に

社長さんの生命を奪うことになります。

人間、身体が納得していないことを続けるのはあまり良くありません。


その一方、体感だけで物事を済ませてしまうと客観的な要素に

かけることがあります。

「上手くいっている気がする」と思っていたら全然数字がついてきて

いなかった、ということはよくあります。


ですので、私の場合などは試算表が仕上がると、必ず最初の方で

「ご本人の体感や実感と比較してどうですか?」と確認します。

これが一致しているときは、それほど大きな問題にはなりません。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

やめてほしい口癖 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/22 07:00)

継続のために最も大切な数字 高橋 昌也 - 税理士(2011/03/06 08:53)

仮説の展開時における両者の併用 高橋 昌也 - 税理士(2010/10/22 10:05)

作業効率 高橋 昌也 - 税理士(2010/10/11 08:08)

身体技術と経営 高橋 昌也 - 税理士(2010/09/30 09:27)