在庫金額に対する体感 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

在庫金額に対する体感

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今朝は大分涼しいですね。

本当に着るものに悩む日々が続きます。


昨日からの続き、数字に対する解釈について。

一つの例として「在庫金額」を取り上げてみます。

色々なところで触れられていることなのでご存知だとは思いますが、

在庫というものは「抱えすぎてはいけないもの」とされています。

貸借対照表では資産の項目に計上されることから、この数字が

大きいことが「良いこと」だと思っている方も多いのですが、

実際には「お金に変わっていない商品」ということなので、この

数字が大きいと資金繰りが逼迫しやすいのです。


さて、昨今の「物が売れない」というご時世において、

やはり仕入の金額も削減している企業が非常に多いようです。

となると、本来は在庫商品だって減っているはずなのです。

…が。

実際には減っていない、という会社がかなりあるようです。

少しだけ「解釈」を進めてみます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

流動性が高い=とりあえず回せるお金がある 高橋 昌也 - 税理士(2011/07/05 06:00)

「中小会計要領」~各論その3~ 山本 憲宏 - 公認会計士(2013/02/15 09:26)

在庫増は利益増 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/19 01:00)

棚卸資産回転期間 高橋 昌也 - 税理士(2011/12/21 01:00)

固定資産のポイント 高橋 昌也 - 税理士(2011/11/17 06:00)