英語だけじゃない!?転職市場で今求められている「中国語」スキル - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語だけじゃない!?転職市場で今求められている「中国語」スキル

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
法人営業 兼 カウンセラー日記

2010年、中国のGDP(国内総生産)は日本を追い越し、
アメリカに次いで第2位になるとみられています。

今や約13億人の人口を擁する中国。
ここ30年の経済成長率は、
高度成長期当時の日本の成長率よりも高くなっているとのこと。

中国市場は今まさに、世界中の企業が注目するマーケット。
日本企業も例外ではありません。
製造業、サービス業、インターネット業・・・etc.
様々な業界の様々な企業が中国に注目し、
新たなビジネスチャンスを逃すまいと躍起になっています。

そこで必要になってくるのが、「中国語を話せるビジネスパーソン」。
中国ビジネスを成功させるためには、
やはり言語が大きなポイントのようです。


弊社のHPで中国語が必要な案件をざっと検索してみると、

■大手SNS・ゲーム運営企業 国際事業推進
■化学メーカーの品質管理(ISOプロジェクト)
■一部上場機械メーカーのパワー系電機設計技術者
■eマーケティング事業会社のモバイル広告営業
■PRコンサルティング会社のPRコンサルタント
■大手渉外法律事務所の翻訳業務
■サービス業の役員秘書
    ・
    ・
    ・
などなど、
中国語力をお持ちの方歓迎のものも含めると、
200件近くの求人がありました。
中でも、英語力と中国語力を両方を兼ね備えた人材は、
より歓迎されているようです。
(もちろん、求められるビジネススキルにプラスして、ということですが。)

また、中国語力が求められるだけでなく、
「勤務地が中国」という求人も、
少しずつですが目立つようになってきました。

最近、社内公用語が英語になった企業が注目を集めていますが、
先日訪問した企業では、社内研修で中国語を必須にされている
ベンチャー企業がありました。

就職に中国語が必要となる時代も、そう遠くないかもしれませんね。
英語も自信のない私としては、怖い時代になりつつあります・・・。


キーワードで求人を検索できます↓ どんな求人があるか是非探してみてください!

http://www.elite-network.co.jp/x/search/select_2.html

このコラムに類似したコラム

子なしの真実 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2016/07/07 19:00)