フランチャイズシステムで事業拡大を実現する方法(2) - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

民谷 昌弘
アクアネット フランチャイズ経営研究所 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フランチャイズシステムで事業拡大を実現する方法(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
フランチャイズ

今回(二回目)はフランチャイズシステムに関してその仕組みを解説します。

フランチャイズシステムは、フランチャイザー(本部)とフランチャイジー(加盟店)がお互いに役割分担をして、同一ブランドのもと同一事業を行うための経営システムです。

本部が開発し、成功した事業を一定の場所やエリアにおいて運営する権利を加盟店に与え、さらに、加盟店が永続的に繁栄するよう本部がサポートし、その対価として加盟店が本部に対して加盟金やロイヤルティなどのフランチャイズフィーを支払うという仕組みです。フランチャイズシステムの特性としては、・本部と加盟店はそれぞれ独立した事業体である・ライセンス契約である・対価の支払いが発生する・継続的な契約関係・契約の定型性などです。

また、システムのバリエーションとして、基本形であるビジネスフォーマットタイプ、商品、商標提供型のトラディショナルタイプ、同業者などのブランドチェンジを推進する形態のコンバージョンタイプ、本部が店舗や商品を用意するターンキータイプなどがあります。自社の業態やフランチャイズ本部構築の方針などに対応してこれらのタイプを選択したり、組み合わせてシステムを構築することとなります。

さらに、エリア性を採用する場合の考え方として、エリア本部(地域本部)にフランチャイズ加盟店の募集を認めるサブフランチャイズシステムとエリア内で直営展開のみを認めるエリアディベロップメントシステムがあります。これらのシステムも、本部のエリア展開の方針に合わせてその採用の可否や採用する場合の条件などを決めてフランチャイズシステムの概要を構築することになります。

フランチャイズシステムは、フランチャイズ本部構築の基本となるものです。まず自社の業態特徴や経営方針に相応しいシステム構築を行うことが本部成功の第一歩です。フランチャイズシステムのバリエーションやエリア制を組み合わせて自社オリジナルのシステム構築を検討してみてください。

次回は“フランチャイズ本部成功7つの鍵”の予定です。

このコラムに類似したコラム

フランチャイズシステムで事業拡大を実現する方法(4) 民谷 昌弘 - 経営コンサルタント(2010/11/16 12:06)

フランチャイズシステムで事業拡大を実現する方法(1) 民谷 昌弘 - 経営コンサルタント(2010/10/07 18:31)

フランチャイズシステムで事業拡大を実現する方法(3) 民谷 昌弘 - 経営コンサルタント(2010/10/21 13:21)

日経FC「最新フランチャイズマーケットトレンド」コラム掲載 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2013/09/02 08:45)

事業戦略を客観的に見直す 黒澤 森仁 - 組織と仕組みをつくる専門家(2013/06/06 16:17)