今の住宅環境の限界が子供に・・【住育と子供その3】 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今の住宅環境の限界が子供に・・【住育と子供その3】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 住育と子供

住育と子供 その3 今の住宅環境の限界が子供に及ぼすもの



衝撃のコラムから一夜明けましたが(笑)、いかがお過ごしでしょうか?
さて、今回の話はもう少し子供にフォーカスしていきたいと思います。

今回の話は「今の住環境の限界が子供に及ぼすもの」という話でが、そのキーワードになるのが「核家族」です。

核家族とは、両親と同居するのではなく、夫婦と子供だけで住む家族の形態のことをいいますが、20世紀後半に「核家族化」が急激に増えました。

「1家族に1戸の家を!」という国の政策の背景もあったのです、このときに1つ大きな問題を作ってしまいました。

それは、子供が身近な大人たちと接する機会が減ってしまったということ。身近な大人たちというのは、両親以外におじいちゃんやおばあちゃんなどを意味します
が、そういった人たちと接する機会が減ってしまったのです。

そしてこれが「親の価値観の枠以外から人生を学ぶ機会」を奪ってしまいました。
要は、今の住環境では「子供は親の枠以上の人間に育つ可能性がほとんどない」ということです。

・・・今回も衝撃的な事実になってしまいました。

住育という発想のときに、その住環境がどれだけ健全か?という視点でものを見たときに核家族化というものは、ひずみをきたしている可能性があるわけです。

出来れば、ご両親とどれだけ子供たちを接する機会を作っているか?なども視点もあわせて、これらのことを考えてみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム