日経記事:『変わる国会図書館 書籍の電子化を主導』を読んで - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事:『変わる国会図書館 書籍の電子化を主導』を読んで

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
情報・知識 インターネット環境・検索・市場規模など

皆様、

おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

10月9日の日経新聞「文化欄」に、『変わる国会図書館 書籍の電子化を主導』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『日本の図書館の“旗艦”ともいえる国立国会図書館が変わり始めた。書籍デジタル化の勢いが増すなか、電子部門を拡充し、図書館界の電子化を主導。激変する時代の先頭に立とうとする姿勢が鮮明になってきた。

国会図書館に変化をもたらしたのは、情報工学の専門家で京都大学総長を務めた長尾真館長。2007年4月に就任した。

組織改革の目玉が来年10月の電子情報部の新設。規模は70人で研究部門も設置する。図書館全体のデジタル化を進める。

今年4月にインターネット資料収集保存事業の強化に踏み出した。国や自冶体が解説しているWebサイトを収集している。

月1回自動的に収集、7月からは1700余の市町村、独立行政法人や国立大学法人、国際的なイベントのサイト情報や無料で読める電子雑誌も収集している。

国内に3000以上ある公共図書館のデジタル化などを支援する目的で今年2月、「公共図書館におけるデジタルアーカイブ推進会議」を発足。博物館、公文書館などどと連携して文化財に関する巨大なデータベース構築を目的に、「デジタル情報資源ラウンドテーブル」も3月に発足させた。

来年度にはデジタルで納本ができるようにするための法律改正を目指している。長尾館長は、国会図書館のすべての蔵書をデジタル化、ネットで閲覧できるようにするする際、利用者から料金を徴収し、著作者、出版社に分配する構想を打ち出している。

料金については数百円程度と表現したため出版社が反発している。。。』


私は経営コンサルタントを生業としています。
クライアント企業にベストのサービス・アドバイス・提案を行えるよう、日々勉強、努力しています。

知識・情報・データは、状況を確認し、分析して提案・プランを作る上で必要不可欠なものです。
情報・データ収集は、毎日行っています。

この時、有効な手段はインターネット検索です。
情報・データは、毎日更新されています。
最新の情報・データを把握するには、ネット検索は最有力な方法です。

ネット検索で重要となるのは、情報・データの選別(取捨選択)能力です。
ネット上の情報は、混合玉石です。価値ある情報と信頼できない情報が入り乱れているからです。

この取捨選択は、技術の目利きみたいなもので、経験を積んで身につける事ができる能力だと思います。
少なくとも私の場合は、ある情報源の信頼性に疑問がある場合、二重、三重の確認を行います。確認できないものは使用しません。

通常、Google検索を使っています。

探す情報や情報源についてある程度特定できる場合、私は国会図書館の検索サービスを利用しています。
検索の仕方や調べ方案内の内容が充実しており、使いやすく、必要な情報にたどり着きやすいからです。

国会図書館の使い勝手が向上したのが、上記長尾館長が就任された後からです。
長尾館長の強いリーダーシップに大変感謝しています。

この国会図書館の機能が更に強化充実していこうとしています。
もし、国内・主要国で流通する情報・データがネット検索でき、更に、閲覧し必要な情報をコピーかダウンロードできることになればその効果は測りしれません。

このような状況になると、私は、国会図書館検索が主になり、Googleを補完的に使うようになります。
これは、日本の検索市場にとっても大変良い事で、検索エンジンを全て外国企業に頼る必要性は低くなります。

また、日本の電子書籍化の動きにも良い影響を与えると確認しています。

記事の中に書いてありました通り、『政府の持つデータを幅広く国民が活用できる体制を整備するために国会図書館と出版界が協力して新時代の社会的基盤構築に努めて欲しい。』と真に願います。

頑張れ! 国会図書館。今後のさらなる機能強化に大いに期待しています。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;脱パソコン加速米IT主役交代HP事業分離へ に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/08/20 11:44)

日経記事;国内クラウド市場,昨年は45%増 民間調べ に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/04/05 07:17)

東日本大震災に伴う情報開示の必要性と開示の仕方について 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/03/20 10:59)

日経記事;ヤフー/グーグル提携容認 検索シェア9割 に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/12/03 10:53)

『Yahoo! JAPANが米グーグルの検索エンジンを採用』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/07/28 15:39)