眼の病気(2) - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
神奈川県
鍼灸師
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

眼の病気(2)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
シャローム治療室
眼精疲労については、一時的に眼に負担を掛けたために起こるものと、朝の起床時から目の疲れと目の奥が痛むものとに分けられる。
後者は女性特有の症状で、朝の起床時から肩が凝っている肩凝りと同じ理屈である。すなわち、女性ホルモンの変調が自律神経系に歪みを起こさせて現れる症状である。

前者の眼精疲労は兎に角、睡眠時間を十分に取って、休息すれば基本的に取れる目の疲労であるが、後者はいくら睡眠を取って休息しても、そう簡単に取れる目の疲労感と目の奥の痛みではない。

東洋医学で、目は肝臓の外候といわれている。鍼灸治療では女性ホルモンの変調を整えることと、肝の症状である肩凝りと背中の筋肉の緊張感を取り除くことにより、目の奥の痛みと首の付け根の凝りを速やかに改善することが可能である。


************************************


鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
info@hari.gr.jp http://www.hari.gr.jp

************************************

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 鍼灸師)
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「シャローム治療室」のコラム

痛みなど自覚症状の意味(2008/11/28 17:11)

デトックス(3)(2008/02/24 09:02)

デトックス(2)(2008/02/23 20:02)

デトックス(1)(2008/02/23 15:02)

花粉症と鍼灸治療(3)(2008/02/20 09:02)