営業ツールのデザインはどうすればいいの? - 営業企画・営業ツール - 専門家プロファイル

福田 幸治
代表取締役
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営業ツールのデザインはどうすればいいの?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業企画・営業ツール
営業ツールの考え方

デザインは大きく分けて

・クリエイティブ

・商業

がありますが、最近、営業ツールの種類にもよりますが、

営業ツールは、どちらにも俗さない、独特なデザインなのではないかと思っています。

 

営業ツールは、営業がお客様に何かを伝える役目が大前提にあるわけですが、

それには、ストーリーが存在し、お客様が興味を示し、必要か?不必要か?を

判断して頂くためのものです。

つまり、ただのデザインをするというよりも、営業戦略を理解し、

お客様の顔が見えていて、営業の方々のトークを理解できていて、

初めて作れる代物だと思うのです。

 

「今までは営業ツールを、デザイナーに頼んだんだけど、無難に綺麗には配置してくれるんだけど、

なんか伝わってこないんだよ」

という声を経営者の方々からよく聞きます。

でも、先に述べさせていただきましたが、デザイナーはあくまでデザイナーであって、

営業ではありませんから、デザイナーに営業ツールデザインを頼んで納得できるものが

あがってこないということは、必然だと思います。

よくあるのが、文字のメリハリがないデザイン。

これが良い例ですが、営業トークが見えていない、あるいは想像もできないデザイナーの方ですと

どの言葉がお客様に響き、どの言葉がお客様の購買意欲をつかむのかが

わかりませんから、そうなると、無難に整えることが精一杯なのです。

もし、今、このような悩みをお持ちの方がいましたら、

頼まれているデザイナーの方に、デザインの話ではなく、営業トークや営業の考え方をたくさん話してあげて下さい。

また前向きなデザイナーの方なら、営業に同行させてあげて下さい。

出来てくるものが格段、変化するはずです。

 

是非、良い営業ツールを持ち、営業の方々が自信を持って営業しすい環境づくりを

ススメて下さい。

このコラムに類似したコラム

営業ツールで効果的なものは? 福田 幸治 - クリエイティブディレクター(2010/09/13 13:00)

アウトソーシングすべき領域・すべきでない領域 金村 勇秀 - マーケティングプランナー(2011/09/12 09:00)

営業ツールの考え方 福田 幸治 - クリエイティブディレクター(2010/10/06 22:00)

効果的な営業ツールで大逆転 福田 幸治 - クリエイティブディレクター(2010/08/31 17:00)

テレアポ・電話営業のスキルアップ 尾島 弘一 - 経営コンサルタント(2010/06/14 21:14)