営業ツールの考え方 - 営業企画・営業ツール - 専門家プロファイル

福田 幸治
代表取締役
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

別所 諒
別所 諒
(マーケティングプランナー)
村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営業ツールの考え方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業企画・営業ツール
速効性ある販促は内から?外から?どちらから先?

営業ツールと聞いて何を思い浮かべますか?

ます営業する際に必要な資料は必要だと思います。

それは、A4チラシやA3見開きパンフレット、カタログなど、

商品の数などにもよるでしょうが、大抵は、これらのうちのどれかを

お持ちでしょう。

また、B to Bであれば、企画提案書があったりという感じでしょう。

では、資料を作るときに、どんなことを考えて作っていますか?

例えば、A4チラシを営業ツールとして、制作するとしましょう。

その際、A4チラシがひとり歩きできるように作るのか?

とりあえず問い合わせをもらうことに重きをおくのか?

あるいは、営業が商品を紹介するためのナビゲーション的な役目をさせることに重きをおくのか?

これによって、作り方も大きく変わってくると思いますが、これも、営業スタイルや戦略によって

左右されますので、目的と使い方を明確にして、制作することをおすすめ致します。

そして、それに付随して成約率を上げるためにどんなツールが必要か?

どんな戦略を加えるべきか?

どんな付加価値をつけて、さらに売り上げを上げるために何を工夫するか?

ということを考えるのが良いのでしょう。

しかし、これらは、あくまで仮定であり、進めながら柔軟に対応していかなければなりません。

 

さて、前回のコラムの続きですが、

営業の基本は、お客様に「はい」か「いいえ」を言わせることかもしれないと

思っています。

○○ですよね?という問いに人間は、「はい」か「いいえ」しか答えません。

こちらが話すことに興味を示せば、「はい」か「いいえ」の後に、さらに情報を自然と加えてくれます。

つまり、最低限、「はい」か「いいえ」を言ってもらうためにどうすればいいのか?

これが営業トークの基本になるのでしょう。

理想は、「はい」の連続ですがそんなことはありえませんけどね(笑)

 

営業されてる方、戦略を立てて頑張りましょう!

このコラムに類似したコラム

効果的な営業ツールで大逆転 福田 幸治 - クリエイティブディレクター(2010/08/31 17:00)

SUN流社会人の一言「マーケティングを実践しましょう」 波田野 英嗣 - 経営コンサルタント(2012/10/31 22:55)

なでしこジャパン 佐々木監督の戦略 吉成 篤 - 営業コンサルタント(2012/08/01 22:01)

“すべての商売は顧客リストから”/リストの精度を上げていく方法 金村 勇秀 - マーケティングプランナー(2011/07/12 09:00)

マーケティング&プランニング・マスター講座 ≪締切迫る≫ 飯塚 浩一 - 経営コンサルタント(2011/06/30 21:29)