脱サラの前に考えるべき事 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

野本 愛貴
合同会社JAPANPOWER 代表
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脱サラの前に考えるべき事

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

会社を辞めて起業独立。つまり起業=独立(脱サラ)

多くの人がこう考えるけれど、僕はあまりお勧めしない。

なぜならビジネスに絶対はないからだ。

 

資金を貯め、期待に胸を膨らませて脱サラし、夢中になってビジネスに取り組む人を、僕は素晴らしいと思う。

今の時代、自分のチカラで未来をデザインしようとする人こそ報われるべきだと考えるからだ。

しかし、残念ながら軌道に乗らなかった時のリスクが考慮されていない。

 

僕は起業独立を目指すクライアントさん達には必ず

復業としてスタートアップし、収益見込みが立ってから会社を辞めましょうと教えている。

当然、お務めされている方にはそれが可能なビジネスプランを用意する。

そうすれば、生活を維持したまま挑戦できるし、万が一軌道に乗らずとも、いつでも再起を図る事ができる。

 

今の時代、ネット環境が整い、会社と自分のビジネスの ”二足のわらじ” は十分可能。

可能というよりも、当たり前になるかもしれない。

 

あなたが、独立しなければ出来ないビジネスをお考えで無い限り、

脱サラは収益見込みが立ってからにする事、お勧めします。

 

あなたのビジネスプランは

 

復業として出来ますか?

復業としてできるビジネスプランはありませんか?

 

 

天職クリエイター

野本愛貴

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

脱サラでUターン起業を考えるなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/20 20:37)

起業家のためのライフワークの見つけ方 5つのステップ 葛西 幸浩 - 経営コンサルタント(2012/10/30 17:46)

事業計画書作成ばかりに気をとられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/04 20:51)

マスコミに起業した会社が取り上げられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/16 20:20)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)