ワクワクするビジョンはありますか?/プラスα情報 - キャリアアップ - 専門家プロファイル

福田 聡子
グローバル・エデュケーション ディレクター
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ワクワクするビジョンはありますか?/プラスα情報

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアアップ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
パーソナル・グローバリゼーション  ~世界と働く為のツールと習慣~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2010.10.1 Vol.2
・・・・・‥‥‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

今までは大手企業の研修内でしか学べなかった
“グローバル人材”に確実になる為のノウハウをメルマガで大公開!

■□今週の内容□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】     ワクワクするビジョンはありますか?
【2】     プラスα情報
【3】     ウェブサイト 10月中旬公開予定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃ワクワクするビジョンはありますか?
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

「英語力アップが必要だ」「TOEICは800点は最低でもなければ」
「発音はネイティブなみじゃなければならない」
などなど、グローバル人材と言った途端に英語に関する様々な意見が飛び出てきます。

「グローバルな人材」といったとき、よく誤解されるのが「英語ができる人材」です。
確かに英語は世界の共通語になりつつあり、できるに越したことはありません。

しかし、英語だけではないと思うのです。

グローバルな人材とは何か!について、体系化したのが、
このメルマガのタイトルでもあるパーソナル・グローバリゼーション(個のグローバル化)です。

私たちは、グローバル人材になるために鍛えるべきは、
「2つのOS」「3つのアプリケーション」と「専門性」だと考えています。

個のグローバル化については、Japan Timesが発刊しているUniversity Timesの
連載の中でも、詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてください。
http://www.japantimes.co.jp/u_times/pdf/vol_03/ut_vol3_04.pdf

今回は、私たちが考える個のグローバル化のひとつである
ビジョナリーシンキングから語っていきましょう。

ビジョナリーシンキングは、ワクワクするありたい自分の姿(ビジョナリー)
+そこに到達する道のりを考える思考力(シンキング)から成り立っています。

ワクワクするありたい自分の姿って、とても楽しそうですよね。
どのようにしたら浮かんでくるのでしょうか?

未来の自分の姿を考えるには、まずは過去の自分の事を考える事から始めます。
過去の自分でイキイキしていた時はいつでしたか?
その時に、何に対してもっともワクワクしていましたか?
また、イキイキしていた時にある、共通点はありますか?

これを、時間をとってよく考えてみましょう。
その共通点の中に、自分の価値観が必ず存在しています。
価値観は、例えば「挑戦」「安定」「調和」「名誉」「信頼」「自由」「独立」
といったような言葉で表わす事ができます。

グローバルといえば、多様な価値観や考え方に触れることになりますので、
自分の軸になる価値観や考え方を理解し、自分の意見を持つことが
難しくなります。

しかし、実は自分がぶれない軸を持つことも、グローバルで働くためには、
非常に重要です。

次回、価値観がどのようにビジョンにつながるのかについてお話しますね!

★まとめ★
ビジョナリーシンキングは、
ワクワクするありたい自分の姿+そこに到達する道のりを考える思考力。

ワクワクだけでも、ハウツーだけでもなく、
両方を持って自分を大きく成長させていこう。

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃ プラスα情報
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
ここでは、本メルマガの内容と深く関わっている書籍をご紹介します。

・タイトル:『フラット化する世界』
       (he World Is Flat: A Brief History of the Twenty-first Century)
・著者:トーマス・フリードマン

この書籍は世界のフラット化が進む中で個人はどうしたらいいのかについて、
著者のトーマス・フリードマンがアメリカ人の視点から書いている。

『世界はフラット化している。ここでFlatとはConnectを意味する。
新しい通信テクノロジーの出現によって地球上のあらゆる人間との共同作業が可能になり、
国と国、企業と企業の境界が崩れ始めた。

それに伴い個人に競争力を与え、競争はさらに激しくなっている。
今は何よりも個人の働き方、能力が大事な要素になり、Specialistとしての
高い能力が求められる時代になっているのだ。』 

~フラット化する世界より引用~

2000年発刊ですが、今でも新しい内容です。是非、トライしてみてください。

┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃ウェブサイト 10月中旬公開予定!
┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
ウェブサイトと同時にブログも立ち上げ予定ですので、
皆さんにとって「ちょっとやってみたい」「役立った」という情報から
「勇気がでた」「やる気が出た」という話までカバーしていきたいと思います。

ウェブサイト、ブログの公開を楽しみにしてくださいね。

このコラムに類似したコラム

経営権威とは何か? 村山 雄二 - ビジネスコーチ(2012/10/01 01:27)

6月18日(土)第1回セミナー開催! 福田 聡子 - 経営コンサルタント(2011/05/19 19:39)

あなたにとって一番大事なのは?/プラスα情報 福田 聡子 - 経営コンサルタント(2010/10/27 12:02)

英語は必要に迫られたらできるようになるのか? 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2010/10/04 10:00)

考えているだけじゃ、何も起こらない 杉山 孝 - キャリアカウンセラー(2010/06/08 22:09)