選挙期日前投票を見てウェブサイトの導線を考える - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

選挙期日前投票を見てウェブサイトの導線を考える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ウェブサイト戦略 ウェブサイト構築 導線を考える

選挙期日前投票を見てウェブサイトの導線を考える



皆さん、選挙行きましたか?
20時まで投票できますので、まだの方は必ずいきましょうね。

今回の選挙の特徴として、期日前投票の増加があります。

東京都選挙管理委員会の発表だと、東京では有権者の10.71%にあたる「1,129,272人」の方が期日前投票したそうです。
前回は「697,359人」だったそうですから、かなり増えます。

にも関わらず、16時現在では前回より投票率が下回っているのが残念ですが(雨のせいでしょうか?)、
これってビジネス的なアイディアにも活用できますよね。

つまり「時間的な自由度の高い」ウェブサイトを作ることで、問合せや注文を増やすことが可能では?

例えば深夜、土日などに問い合わせしたい場合、予約をしたい場合などへの対策を講じることで、問合せや注文を増やせるということです。

例えば、ギフト関係のキャンペーンを早く打つ(クリスマスなど)、深夜でも疑問を解決できるようにFAQを充実させる・検索しやすくするなど。

近くで運動会やイベントがある際は「予約」を増やすことで、在庫切れや廃棄を防ぐなど。

期日前投票を考えながら、ウェブサイト戦略について考えてみました。

試用期間があるアクセス解析

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブサイト戦略」のコラム