新築か、リフォームか? - 二世帯住宅 - 専門家プロファイル

山崎 壮一
山崎壮一建築設計事務所 建築家
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新築か、リフォームか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 二世帯住宅
戸建てリフォーム

東京都内、住宅のプロジェクトの初回打ち合わせを行いました。


敷地は都内・密集市街地のいわゆる旗竿地。現在、築27年の木造2階建てがたっています。今回は、もともと1世帯がお住まいだったところに、二世帯住宅(計5人+将来子供)をつくろうという計画ですが、既存住宅を利用したリフォームとするのか、更地として新築にするのか、、、この選択について、お施主さんとともに悩むところから始めています。


初回打ち合わせでどんなお話をしたか、というと、まず、スケジュール・資金計画(建築費とそれ以外にかかる経費、それからローンについても確認)、等の話をおさえた後、、、

最初に、現状建物の分析とリフォームを行う上での問題点・補強ポイントについてご説明をしました。今回は、お施主さんが建築当時の確認申請図をお持ちで、しかも構造図面(伏せ図)もあったので、わかりやすくチェックすることができました。


図面をみてみると、2階の柱や構造壁の間下に1階の柱がないところも何カ所かあります。梁で2階の力をうけて1階に伝えているようですが、できれば、2階の柱や構造壁の直下には柱を置いた方が良い。その点は、リフォームに際して補強を入れていくことになります。また同時に、1・2階のプランを整理することで、上下階の力が無理なく伝わるように改修したい。また、基礎の補強・一部の土台/柱/梁の交換が必要になる可能性についてもお話しました。


そう考えると、取り壊す部分も割合多く、リフォームと言ってもそれなりにコストがかかりそうです。
そこで次に、リフォームの場合と新築の場合にかかる建設費の予想額を比較しました。やはり築27年という建物、コストを見ると、生かすか取り壊すか、悩みます。それでもお施主さんにとっては、思い入れのある建物です。本当に残すべきか、新築にするべきか。


結論は保留にして、、最後に、それぞれの計画の可能性についてお話をしました。


今回、リフォーム案を2案・新築案を4案つくって見て頂きました。プロジェクトの内容や計画条件によっては、この案がよいだろうという1案だけをつくるのではなく、いくつかパターンをならべて、いろいろな案の可能性についてお話しするようにしています。決めウチで案を提出するのではなく、何か手がかりを探っているような感覚です。
特に今回は、○密集地の中でどのようなヴォリューム配置がありうるのか○遊歩道との関係○世帯間の関係をどのようにつくるのか、、、と、考えるべき課題がいくつかありそうです。軸になる問題をさがし出すように、お施主さんとともに少しずつ検討をつめていきたいと思っています。

 

 

 

山崎壮一建築設計事務所 http://www.so1architect.com/

住所:東京都千代田区一番町4-40 桔梗ハイツ一番町502 〒102-0082

TEL/FAX :03-3221-5405

このコラムに類似したコラム

吉祥寺のNさんのお住まい完成しました 栗原 守 - 建築家(2012/06/14 10:09)

オープンハウスのご案内 松永 基 - 建築家(2010/08/09 16:47)

自邸改修記01…なぜ葉山に? 佐山 希人 - 建築家(2010/08/01 09:16)

昭和34年築の木造2階建民家を利用した居酒屋 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/08/27 22:31)

地盤と基礎工事のこと つづき 岩間 隆司 - 建築家(2016/06/18 09:30)