<ローン6>皆さんの「信用」が審査されます その3 - フラット35 - 専門家プロファイル

FP&COACHING 代表
愛知県
ファイナンシャルプランナー
090-3457-0403
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

<ローン6>皆さんの「信用」が審査されます その3

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. フラット35
FP

前回のこのテーマでのコラムでは、

「個人信用情報機関」をご紹介しました。

 

この機関がある利点としましては、

金融機関が照会する「信用」情報と同じものを、

皆さんご自分でも確認できるところです。

 

この情報を見れば、

おおよそ、「信用」という面においての、

審査に通るか通らないかの判断ができます。

 

例えば、他の金融機関などでの借入があれば、

当然、その残額は「返済負担率」の計算に含まれてきますので、

借りられる金額を引き下げられる可能性があります。

 

また、延滞、自己破産があれば、

審査が厳しい金融機関であれば、

借りられる可能性は低くなります。

 

カード枚数が多い場合も注意しましょう。

借入できる状態にあることを、

金融機関は嫌います。

 

そして、一番ダメなのは、

消費者金融からの借入がある場合です。

この場合は、ほぼ借りられない可能性が高いと思われます。

 

よって、住宅ローンの申込みをする前にできることとしては、

「返済できるものは返済する」

「不要なカードは解約する」

ことが大切になります。

 

一方、既に「延滞」、「自己破産」、

「消費者金融からの借入」の経歴がある場合で、

審査が通らなかったりした場合などは、

その経歴が皆さんの「個人信用情報」から抹消されるまで、

我慢していただくのがいいのではないでしょうか。

 

「FP&COACHINGブログ」もご覧ください。

http://ameblo.jp/fp-coaching/

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

090-3457-0403
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「FP」のコラム

このコラムに類似したコラム

審査に落ちた理由 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/15 10:58)

ローンに関する豆知識  第3回 祖父江 吉修 - ファイナンシャルプランナー(2010/08/25 09:00)

努力!マイホームを買いたい!だから住宅ローンを覚えるぞ 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/21 09:41)

住宅資金(12)繰り上げ返済はお得?(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/04/29 14:07)

2013年9月 住宅ローン金利 金融機関一覧 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/02 21:27)