成功するビジネスの判断方法 - ビジネスモデル - 専門家プロファイル

野本 愛貴
合同会社JAPANPOWER 代表
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成功するビジネスの判断方法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. ビジネスモデル

起業する際、まず始めに「何で」起業するか、つまりビジネスモデルを決める。

ほとんどの場合、ここで勝負が決まると言っても過言じゃない。

それくらい重要。

 

そしてそのビジネスが成功するか否かを判断する僕の基準。

それはあなたのビジネスモデルが

 

最速 か 最高

 

のどちらかに該当するかを1つの指標にすると良いでしょう。

ぜひ一度、あなたの参入しようとしている業界で考えてみて欲しい。

 

最速かどうか

これは他に似たような商品、サービスが無いってこと。

最速とは、テーマ、切り口、コンセプトのことで、魅せ方を工夫していれば良い。

目新しさは、ソレダケで価値と呼べるのです。

 

また最速である=そのジャンルでは最高(比べようが無い)という意味でもあります。

 

 

最高かどうか

競合他社をモデリングする(良い所を参考にし真似る)ことが出来るので、比較的ビジネスモデルをイメージしやすい。

けれど、後発のため他社に負けないクオリティが求められる。

 

後発で、競合他者より劣っている商品やサービスに誰も見向きもしないのは予想できるでしょ?

 

No2以下は無いも同然ですから、結果最高を狙わざるを得ない。

 

そうしないと、将来的に望みの薄いビジネスになりかねません。

 

 

どちらを選ぶべきか?

個人的な意見ですが、ベンチャー起業家であるなら最速を選ぶ事をオススメします。

 

最高を目指すと競合がいる分、自ずと時間、労力、資金がかさみ、ベンチャー向きではないからです。

片や最速を選ぶのであれば、情報力と企画創造力だけで、走り出せます。

 

もちろんどちらでもない場合は要注意ですね^^;

 

さてあなたの考えているビジネスモデルは、最高か最速のどちらですか?

 

 

『人生”自由自在”』

天職クリエイター

野本愛貴

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

あの時知っていれば・・・計画にこだわる理由。 岡崎 美幸 - 起業コンサルタント(2011/03/02 11:00)

起業資金と自己資本経営 野本 愛貴 - 起業コンサルタント(2010/10/02 13:00)

マスコミに起業した会社が取り上げられると 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/16 20:20)

脱サラでUターン起業を考えるなら 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/20 20:37)

驚きのわが国認知症患者数が550万人 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/16 20:32)