融資による資金調達の相談で良くある質問~担保・保証~ - 融資・資金調達 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルタント 代表取締役
東京都
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

融資による資金調達の相談で良くある質問~担保・保証~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 融資・資金調達
融資について全般

中小企業や個人事業主への資金調達・資金繰りコンサルタントに寄せられる相談で、良くある質問をご紹介します。

「どんな担保や保証人があると、融資が受けられますか?」

実は、融資とは、「無担保・無保証=信用貸付」が基本なのです。

融資の可否は、「返済資源・返済能力」の審査で決まります。

つまり、業歴のある企業や個人事業主であれば、今までの経営(財務)状況や今後の事業計画がどのようになるのか?を審査しているのです。

起業(創業)時であれば、起業計画書が実現可能な具体的なものであるか?が重要となります。

したがって、スムーズに融資での資金調達を目指すなら、事業計画書・起業計画書や資金繰り表などを、審査する側である銀行や信金に「信じてもらえるように」作成する方に注力してください。

なぜなら、融資とは「与信=信用を供与するもの」だからです。


担保があるから、資産が十分な保証人がいるから、融資が受けられる訳ではありません。

担保や保証人は、「万が一、返済が難しくなった場合の回収リスクを低減するもの」です。

したがって、担保や保証人の有無は、リスク=金利に反映されます。

それでも、融資による資金調達でご不安な方は、融資審査のポイントについてのセミナーを開催していますので、ご参加をご検討ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
株式会社FPコンサルタント 代表取締役

豊富な融資審査経験を有する資金繰りコンサルタントです!

元銀行融資審査役職者の資金繰り改善・銀行取引対策コンサルタント。起業段階から上場企業まで、豊富な融資審査経験あり。返済猶予(リスケ)による事業再生、債権回収業務も担当。中小企業の資金繰り支援で、より実践的なコンサルティングをしています。

03-3226-7272
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「融資について全般」のコラム

このコラムに類似したコラム

金利負担がゼロの融資制度があることを知っていますか? 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/07/08 17:36)

雨が降ったら傘を貸さない? 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2011/05/17 03:19)

融資の相談をするときに、聞かれるポイントとは?~その2~ 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2010/10/29 08:43)

融資の相談をするときに、聞かれるポイントとは? ~その1~ 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2010/10/14 04:32)

10月7日〜10月13日に投稿したなう 渕本 吉貴 - 起業・資金調達・事業再生コンサルタント(2013/10/14 12:52)