贈与税 - 相続税 - 専門家プロファイル

大原 利之
大原会計事務所 所長
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

贈与税は暦年課税と相続時精算課税の

2つの課税方式があります。

一般的に知られてるのは暦年課税の贈与税です。

一定の要件に該当する場合は相続時精算課税を選択

することができます。

今回は暦年課税

暦年課税は、一人の人が1月1日から12月31日迄の1年間に

贈与を受けた金額(複数の人から贈与を受けた場合や同じ

人から複数回贈与を受けた場合はその合計額)が基礎控除

(110万円)を超えた場合に贈与税が課税される方式です。

1年間に贈与を受けた金額が110万円以下の贈与税は

かかりません。

贈与税の申告も不要です。

次回は相続時精算課税

このコラムに類似したコラム

相続税改正の影響 増税額の大きいものは 大黒たかのり - 税理士(2012/04/10 10:28)

基礎控除110万円(贈与税)について 西垣戸  重成 - 不動産コンサルタント(2010/09/10 11:15)

子どもら名義の預金の取扱いにご用心 酒井 尚土 - 弁護士(2014/05/14 10:16)

直系尊属からの贈与財産が国外財産で有る場合 近江 清秀 - 税理士(2013/08/14 08:00)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!