住宅ローン減税の威力! - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン減税の威力!

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー

本日は、住宅ローン減税についてお話したいと思います。
今さら何でとお思いの方もいらっしゃると思いますが、
改めて、その”威力”を明るみにしてみたいと思います

住宅ローン減税の制度は、皆さんご存知のとおり
来年以降は段階的に縮小されていきます。

※制度概要は次の通りです。
(1)住宅ローンの毎年の年末残高から1%を税控除
(2)当初10年間継続
(3)所得税と住民税の両方から控除される


◎H22年 → 最大控除額500万円
◎H23年 → 最大控除額400万円
◎H24年 → 最大控除額300万円
◎H25年 → 最大控除額200万円

【H25で制度打ち切り】


ていうことなんですが、
どこの税金本やネットを検索しても、こんな感じで書いてあります。

ちょっと分かりにくいと思いますので、具体的に計算してみます。

(例)Aさん
年収450万円 (・扶養無し ・社保控除50万円 ・生保控除5万円)
ローン2,800万円 金利1.275% 35年返済の場合
10年間で戻ってくる税金は(約)合計213万円

(例)Bさん
年収650万円 (・扶養3人 ・社保控除70万円 ・保険控除10万円)
ローン3,600万円 金利1.275% 35年返済の場合
10年間で戻ってくる税金は(約)合計234万円

計算結果は、なんと

AさんもBさんも
10年間 所得税と住民税は実質無税になります!


具体的に計算をすると、そのスゴさがよくわかりますね。
住民税からの控除枠が新たに増えたのも大きいですね。

住宅購入を検討中の皆様は、
この素晴らしい減税制度の恩恵を受けられるよう
是非がんばって年内入居を目指してみてください

セミナーでも詳しく解説していますので、
ご興味のある方は、是非参加してみてください。

《セミナーの詳細はココをクリック》

このコラムに類似したコラム

そろそろ確定申告の準備を始めましょう! 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/23 18:00)

住民税の調整控除とは 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/11 13:00)

源泉徴収制度の始まり 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/13 08:40)

子ども手当てと年少扶養控除 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/23 18:00)

扶養控除の見直し 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/27 17:00)