メニューブックは誰のため?その2 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
うえた さより
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メニューブックは誰のため?その2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

先日の続き。

 

◎メニューブックの役割は何なのか?について。

 


先日書いたように、そもそもメニューブックというのは、

 

【初めて来店されたお客様のため】

 

にあります。

 

ということは、初めて来店されたお客様にとって、

親切で分かりやすいものじゃないといけません。

 

お店側からすると、お店のウリやこだわり・差別化等が

お客様に伝わるものじゃないといけません。

 

優秀な営業マンであるべきなのです。

 

また、スタッフの接客レベルのバラつきに

悩まされている経営者は多いと思います。

 

それが、お客様の満足度や客単価・売上に

大きく影響しますしね。

 

でも、こういう言い方をすると語弊があるかも知れませんが、

極論すると、人に頼らない仕組みを作ることにもなるのです。

 

つまり、メニューブックの役割とは、

 

【優秀な接客スタッフであること】

 

なのです。

 

もちろん、実際のスタッフの教育・レベルアップは重要ですよ。

 

念のため。

 


飲食プロデューサー、中小企業診断士
河野 祐治

 

 

このコラムに類似したコラム

クーポンの矛盾 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/30 07:17)

「お客としての作法」があると思うのだが、売り手都合なのかなぁ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/05 10:51)

メニューブックアワードの審査員をして感じたこと 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/12/06 08:11)

09年の焼肉業界市場は00年対比で9%減、5,614億円 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/11/22 08:33)

東京のアドバンテージ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/11/07 11:45)