確信が持てると行動できる - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

確信が持てると行動できる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

  子供の学校の運動会に行ってきました。小学校の運動会は今年が最後です。今回はその時のお話です。

 

  徒競走で審判役の子がいました。その子の目の前で、走りながら帽子を飛ばしてしまった子がいました。審判役の子は帽子を拾いましたが、一瞬どうしたら良いか迷っている様子でした。たぶん、持ち場を離れてはいけないということと、帽子をどうすれば良いか、自分で手渡そうか誰かに頼もうか、いろいろ考えたのだと思います。結局周りに頼める人もおらず、その子はゴールした帽子の持ち主の子に向かって恐る恐る走っていき、自分で手渡していました。

 

  急いで走って戻ってきたその子は笑顔でした。別の審判役の子と何か言葉を交わしてうなずいています。もしかしたら帽子の子にお礼でも言われたのかもしれませんし、別の審判役ともこれで良かったのだと確認し合ったのだと思います。

  次の組で走った子の中にも、同じように帽子を飛ばしてしまった子がいました。今度は素早く帽子を拾い、ダッシュで届けて持ち場に戻りました。最初からすれば3分の1くらいの時間でした。

 

  小さな出来事ですが、「人は自分の行動に確信が持てれば素早く行動できるようになる」ということの一例で、確信を持つ過程にあったのは「否定されない」、「感謝される」、「確認し合う」ということでした。他にも「褒められる」などがあるでしょう。

 

  仕事の上でも、部下や後輩に良い行動、素早い行動を促して定着させるためには、本人に「これでいいんだ」という確信を持たせることが必要で、特に自主的な行動に対しては助言と指導が重要だと思います。もしそれが良い行動だったならば、本人がそれを認識できるようにしてやれば、次に同じ事が起こっても「こうすれば大丈夫」という確信につながると思います。自主的に行動できるようになり、いちいち指示する必要もなくなります。

  良く言われることですが、「肯定する」、「褒める」、「感謝する」などというようなことを意識して行うことがやはり重要だと、今回のちょっとした出来事の中で改めて思っています。(実際にやるとなると難しいことではありますが…。)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

「余裕」と「ムダ」の境目(2016/09/13 08:09)

このコラムに類似したコラム

日頃の仕事について疑問に思う 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/01/08 10:46)

ああ~もったいない・・・ナポリ風とローマ風の2種類のピッツアを提供する店 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/12/06 06:28)

育成することってどういうこと? 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/07 09:00)

新人店長は「何故わからない」のかを理解しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/01/03 06:44)

甘い見通しでないときも 竹内 和美 - 研修講師(2013/12/13 09:48)