売上が増えたお店は14%、下期増えると答えたお店は16.9% - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
田川 耕
(飲食店コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売上が増えたお店は14%、下期増えると答えたお店は16.9%

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

22日の日経MJによると、今年の上半期(1月~6月)に

売上が増えた飲食店は14%とのこと。

 

年商2千万円以上のお店だと20%以上で、

それ未満のお店だと9.3%。

 

小規模店ほど厳しい状況です。

 

下半期(7月~12月)の売上見通しで、

増えると答えたお店は16.9%。



これらの数字が高いと見るか、低いと見るか。

 

人によって意見が分かれると思いますが、

私は、妥当な数字だと思っています。

 

そもそも、開業後3年以内に7割が潰れる業界だし、

繁盛店や、一生懸命真面目に努力しているお店の割合も、

その程度だと思うからです。



売上アップのために取り組んだことを見ても、

1番多いのは「常連客に対するサービス(29.6%)」で、

2番目が「低価格メニューを用意(約29%)」ですが、

売上が増えたお店で多かったのは、

「有機野菜や地元食材の利用」です。

 

そして、「特に何もしていない」が約20%強あるのですから。



30年の歴史を持つ老舗高級フレンチの「シェ松尾」の

経営難による事業譲渡が話題になっていて、

不景気と結びつける論調もありますが、

ひらまつを含め、好調の高級店はたくさんあります。

 

MJにも、一時下がった売上を回復させた

高級店の事例が載ってます。

 

あくまでも「経営」の問題です。



景気や外部環境は、あくまでもマクロ(業界全体)の問題です。

 

ミクロ(個店)の問題ではありません。

 

うちのクライアントもそうですが、

世の中には繁盛しているお店がたくさんありますから。



【個人の小さな飲食店が景気や政治を語るな】

ということです。



飲食プロデューサー、中小企業診断士 

河野 祐治 

 

 

このコラムに類似したコラム

東京のアドバンテージ 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/11/07 11:45)

個人飲食店の最高の商品とは? 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/30 12:25)

メニューブックは誰のため? 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/25 19:06)

開業するなら、まともに。 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/09/04 13:43)

繁盛店になるためには【根拠】が大事! 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/02/27 09:44)