成功法則とホラ吹き男 - キャリアアップ - 専門家プロファイル

藤原 純衛
誠和株式会社 人財マッチング(採用・転職支援) 担当部長
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成功法則とホラ吹き男

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアアップ
That's談


先日、クレイジーキャッツの谷啓さんが亡くなりました。

トロンボーン奏者としても一流で、釣りバカ日誌シリーズでは佐々木課長がハマり役でした。

ご冥福をお祈りいたします。


さて、そのクレイジーキャッツで一緒だった植木等さん。

以前録画しっぱなしになっていた「日本一のほら吹き男」を、この連休にやっと見ることができました。


周りから見たら何の根拠もなく「オレは日本一の会社に入社してやる」

「そんなホラばかり吹いて」と言われながらも「俺は必ず、1ヵ月で係長になって、3ヵ月で課長になって...」と言い続ける。


周囲は「ほら吹き男」と言うが本人は気にも止めず、結果としてはすべてその筋書き通りに進み入社数ヶ月で大会社の役員にまで出世していくストーリーです。


「有限実行」ならホラと言わないのでは?

「自分が実現したいことを心から信じて潜在意識に染みこませれば...」という感じ。
これって、マーフィーの法則などで聞く成功法則そのものですよね。


 この映画、1964年。まさに東京オリンピック直前。

このころには「マーフィの成功法則」なんて、まだ言われてないころなんでしょうね。
「成功法則」を踏まえて46年たってから見ても興味深い映画でした。


TUTAYAの「なつかしの...」的なコーナーにあるかと思います。

ぜひご覧ください。

 

このコラムに類似したコラム