個人の所得税 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人の所得税

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はまた暑くなりそうな雰囲気ですね。

陽気が落ち着くまで、まだ少し時間がかかりそうですね。


昨日からの続き、福利厚生策について。

今日は社員さん側からの目線で。


例えば社員さんが済む住まいを、自分で借りてもらう時と

社宅として借りあげるケースで比較します。

家賃が8万円、社宅の時は半分を会社が持ってあげるとします。



・自分で借りる

給与総額30万円 から 家賃8万円を支払う


・社宅

給与総額26万円 から 社宅の負担分4万円を会社に支払う

会社は8万円を家賃として経費計上し、4万円を受取家賃として

収益に計上する


この場合、社員さんも会社も経済的な価値の移動は同じだけの

金額になることがお分かりでしょうか?

社員さんは、結局手元に残るお金が22万円です。


会社側は給与として30万円払うか、

26万円を給与、8万円が家賃として費用で、4万円が受取家賃として

収益で計上されるか。(つまり差し引き30万円の費用計上)


最大のポイントは、所得税は給与の金額に対してかかる、ということです。

つまり社宅で借り上げれば、30万円ではなく26万円に対して所得税が

かかることになるわけです。

(控除など細かい話は抜きにしています)


続けます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

福利厚生を上手に使うと 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/24 07:00)

会社の消費税など 高橋 昌也 - 税理士(2010/09/18 09:46)

福利厚生 高橋 昌也 - 税理士(2010/09/16 09:30)

社長さんのお給料 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/15 07:00)

源泉徴収の対象となるお仕事 高橋 昌也 - 税理士(2015/07/01 07:00)