見えない裏側矯正のデメリット1 - 歯列矯正 - 専門家プロファイル

医療法人社団白翠会 青山骨董通り矯正歯科 院長
東京都
歯科医師
0120-188-901
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見えない裏側矯正のデメリット1

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. 歯列矯正

 

 

前回までに話したようにメリットがたくさんある裏側矯正ですがデメリットもあります。

一般的に言われているデメリットは治療期間、発音、食事などがあります。

 

治療期間は歯科医師や技工士の熟練度によってまったく変わってきます。

裏側からの治療では歯の裏側の構造が複雑であるために表側矯正のように平均値を使った治療を行うことができません。

 

そのためには患者さん一人ひとりに完全にオーダーメイドに装置を作っていかなくてはいけません。

 

この操作のわずかな誤差により治療結果がまったく変わってしまいます。

 

もし装置の誤差がある場合、最後のかみあわせの調整がなかなかうまくいかず治療期間が延びてしまいます。

 

また、歯の動き方がデリケートなために表側矯正と同じような感覚で歯に力を加えると予期せぬ動きをすることが

多々あります。

 

そのためにできる限り弱い力で治療を行っていかなければいけません。

 

裏側矯正の治療経験が少なく、表側矯正の感覚で治療を行った場合、予期せぬ反作用を受けて

その修正のために治療期間が長くなってしまうこともあります。

 

 

しかし、裏側からの治療を多く行っている矯正歯科医であれば、表側矯正と同じ程度の治療期間で治療することが可能です。

 

 

次回は発音、食事についてお話します。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団白翠会 青山骨董通り矯正歯科 院長

見えない裏側矯正の専門家

歯並びやかみ合わせに悩まれている患者さんのために誰にも気がつかれずにきれいになることができる裏側矯正の臨床に日々取り組んでいます。モットーは「つねに患者さん目線で診療すること」すこしでもたくさんの患者さんを幸せにするために頑張ります。

0120-188-901
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

(写真) 出っ歯で悩・・・矯正?差し歯? 小谷田 仁 - 歯科医師(2012/11/01 23:59)

美しい横顔はEね! 倉田 友宏 - 歯科医師(2012/07/02 16:25)