「ツヤ」の話−2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ツヤ」の話−2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の話あれこれ

建築における「ツヤ」


建築においては、例えば商店や飲食店(レストラン)のインテリアで、工芸品のような扱いで、金属やガラスや石など、「ツヤ」を使い高級感を出すことがあります。

住宅では、スタイルや好みによりますが、「ツヤ」を使う仕上はとても慎重にシミュレートすべきです。
自然な感じ、落ち着いた雰囲気を求めるなら、基本的に「ツヤ」は使わない方が良いです。
場違いな「ツヤ」は、安っぽさを与えます。
3分ツヤ位をベースとしますが、材料により(ペンキか、木部か、左官か)高級感のあるツヤの程度が変わります。
テクスチャーによっては、3分ツヤでもツヤが出過ぎることがあります。
かといって、例えば水性エマルジョンペイント(EP)のツヤ消しなどは、ツヤが無さ過ぎ粉っぽい感触で高級感に欠け、見るからに汚れやすそうです。
当事務所では、このように、「ツヤ」を微妙に調整して決めています。

このようにして調整されたインテリアに、ポイント的に「ツヤ」を入れたり、「ツヤ」有りで高級感のある家具を入れるのは、もちろんOKです。


外部用材料でも、左官材、吹付け材で「ツヤ」を付けすぎると「品」がなくなります。
ただ、塗装皮膜としては、ツヤ無しに比べツヤ有りの方が耐久性があるため、外部の場合はやむを得ずツヤを多くつけることがあります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の話あれこれ」のコラム

フローリングについて(2009/08/02 18:08)