生きづらさを抱えている身近な人をサポートする6つのポイント7 - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

池内 秀行
Heart and Holistic Consulting 
東京都
心理カウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生きづらさを抱えている身近な人をサポートする6つのポイント7

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
カウンセリング

こんにちは。カウンセラーの池内秀行です。

 

 生きづらさを抱えている身近な人をサポートする6つのポイントの6つ目です。

 

(6)カウンセリングを上手に使いましょう

 

 カウンセリングを受けるかどうか、受けた経験がないと迷いますし、家族や大切な人のことは、自分たちで何とかしたいと思うのが心情だと思います。

 

しかし、生きづらさは実は色々なケースとパターンがあります。

 

実際にご本人の生きづらさがどこからきているのかは、知識からの判断ではなく、ご本人が自分の体験を整理する中ではじめて明確になっていきます。

 

生きづらさの原因が、うつ、子供時代の家族関係、トラウマ体験などが影響しているようでしたら、夫婦や家族などの関係ではケアに限界があります。そういった場合は、プロのカウンセラーの安全なサポートも受けながら、トータルでケアしていくことが必要です。

 

生きづらい生き方を、生きやす生き方へ変えていくために、健康的に使える資源はフル活用していくことが大切です。

 

それは、ご本人だけではなく、その身近で一緒に生活したり仕事をしている人達にも等しく当てはまるのです。

 

プロカウンセラー池内秀行

 

 

 

セッション体験談⇒http://www.ikeuchihideyuki.com/category/1205521.html 

このコラムに類似したコラム

抗うつ薬+休養だけでは、うつ病は治らないこともあります(私見) 田尻 健二 - 心理カウンセラー(2013/08/08 15:15)

生きづらさを抱えている身近な人をサポートする6つのポイント1 池内 秀行 - 心理カウンセラー(2010/09/08 18:37)

共感の技術 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2015/08/15 14:44)

「生きずらさ」を抱える人とあなたの周りの「変な人」 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2015/04/23 17:46)

強迫性障害の心理療法 藤永 英治 - 心理カウンセラー(2014/12/19 14:59)