関西の求人動向 (2/2) - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

関西の求人動向 (2/2)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
最新の 転職マーケット情報 企業との打ち合わせ現場から

さて、本題の関西の求人状況であるが、Key Wordは「グローバル統治」である。

関西には、グローバル企業が多い。
松下電器産業、武田薬品工業、日本電産、京セラ……等、枚挙に暇がない。

従来、海外現地法人といえば、日本から海外に進出するための徹底した出先機関であり、
現地の方に日本流の手法を教え込めばよかったのだが、
今は、M&A等により既存の外資系企業を傘下に治めることが多く、
日本のヘッドクォーターから諸外国にある子会社・拠点をコントロールすることが不可欠になってきたのだ。
そのため、従来の日本式のやり方をそのままビルドインするだけでは、
上手く機能しないというのが、現在の経営課題である。

今回打ち合わせさせて頂いた、とある企業の人事部の方は、
来月から半ば強制的に英会話を学ぶことになるらしい。

社内で人材を育成するには少し時間がかかる為、中長期的な育成となる訳であるが、
経営は刻一刻のスピードをも争う。
従って、外部から「グローバル統治」の即戦力となるビジネスパーソンを求めるのである。

実際、最近アングロサクソン系の白人の方を2名、人事として採用したというお話も伺った。

つまり今、関西で求められているハイスペックな人材とは、単にビジネススキル・経験だけでなく、
ビジネス上の折衝・ネゴができるレベルの高い語学力(特に英語)も求められているのである。
厳しい時代である。

ただ、これは日本の将来を暗示するものだとも思った。
当たり前といえば当たり前だが、日本は既にグローバル化の波に洗われており、
いよいよ各企業の中でも、それが顕在化してきたことを象徴するものであろう。

これからは、より上を目指すなら世界でグローバルに戦えるビジネスパーソンになる必要がありそうだ。
そんなことを痛感させられた関西出張であった。

このコラムに類似したコラム

求人広告で いい人とるために 「悩み」2 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/04/25 19:00)

転職エージェントの仕事で一番大切なこと 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/07/22 16:44)

採用したい 新卒 見習い アシスタントは? 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2011/07/17 11:00)

「2010年転職市場の動向について」 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2010/01/18 18:24)

「ローカライゼーション」 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2008/07/31 10:08)