「水」 生活の中に水の潤いを取り入れてみませんか? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「水」 生活の中に水の潤いを取り入れてみませんか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
「月火水木金土日」
曜日のうち、「水」はおそらく人が生きていくうえで一番重要なものではないでしょうか。

住宅ではキッチンやお風呂、洗面室、トイレといったところに水が使われていますが、その他にも「水」を楽しめるようなものを設けると、生活に潤いが増すと思います。

スペインのアルハンブラ宮殿では、水を噴水にしたり、滝にしたり、水の反射光を建物に映したり、階段の手すりに水を流して音を楽しんだり、水の飛沫を感じさせたり・・・と、水の魅力を存分に楽しめるように計画されたさまざまな仕掛けが、長旅をしてきた人の心を潤わせてくれます。
日本建築においても、桂離宮をはじめとして、池の上に建物を配置させ、水面の揺らぎや池を泳ぐ鯉の姿を生活の一部として取り入れたり、水の音を楽しむ水琴窟やししおどしなどの仕掛けが数多く設けられています。

自分の住まいに実際にそのような仕掛けを設けるのは大変かもしれませんが、ちょっと大きな水瓶を南側の窓辺に置くだけでも、水面の揺らめきが室内に入り込んでくるし、そこで金魚や蓮などを育てるのもまた一つの楽しみだと思います。
お風呂の水に日光が差し込んでいるだけでも気持ちが良さそうですね。

運河に面したマンション上階の1室をリフォームした「月島の屋形船」では、「水」の潤いを生活の中に取り込むことができました。
この家の中心である茶の間の天井には、運河の水面に反射した光の揺らめきがきらきらと映し出され、畳の上に寝転がりながら、間接的に「水」の存在を楽しむことができます。

シリーズを読む

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「「月火水木金土日」」のコラム