スイスも、苦戦!日本は・・・ - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スイスも、苦戦!日本は・・・

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ
こんばんは!
 
9月に入っても、まだまだ「真夏日」が続く日本列島ですね。
 
さて、8月31日にスイスフランが、対ユーロで過去最高値を更新しました。
 
まぁ、低迷が続いているユーロに対してですので、大したニュースにもなりませんでしたが、私には非常に印象的でした。
 
というのも、その“前哨戦”があったからです。
 
スイスは、ヨーロッパ圏の中で経済活動を行っているわけですが、足元のユーロ安による自国通貨“スイスフラン高”による国内経済への影響を回避するために、先日“単独”で自国通貨売り、ユーロ買いに“挑んだ”のでした。
 
結果、一時的にはスイスフラン安になりましたが、介入後には、またユーロ安が進み、そして「介入余力」がなくなったところで、一気に「スイスフラン高」となったのでした。
 
この一連の出来事をみていると、多くの投機マネーがあふれているマネー経済においては、一国による「単独為替介入」には、限界があるのも事実かもしれません。
 
スイス自体、世界の経済規模からみると、大国とは言えませんが、それでもある程度の“勝算”をもくろんで、為替介入を行ったはずです。
 
しかしながら、あえなく“失敗”し、逆に“余力”がない状況を逆手に取られ、対ユーロ最高値をつけるまで買い進まれてしまったわけです。
 
これにより、スイス自国内における経済状況は、少なからず打撃受けることとなりました。
 
 
さて、一方、日本においては、今のところ為替は「口先介入」にとどまっています。
 
日銀の量的緩和策も、実質「1日」しか持ちませんでした。
 
日本の単独介入には、懐疑的な見方をする人もいますが、このまま何も手を打たなければ、日本経済は疲弊するばかりです。
 
現状の“放置”によって、日本の優秀な製造業は加速度的に日本を脱出し、結果、さらなる税収不足、財政赤字は順調に拡大し、結果としては、将来「円安」にはなっていくことでしょう。
 
しかしこのときの「円安」は、すでに日本に魅力がなくなったあとでの「円安」です。
 
今世紀中に、回復できるかどうかもわからない“低迷”となることでしょう。
 
このまま「座して死を待つ」ことだけは、避けてもらいたい。
 
日本の命運はだれに託されるのか、とりあえずは、民主党の代表選を見守るしかないようです。
 
 
しかしながら、国政はともかく、まずは、自分でできることだけは、”しっかり”やっておきたいですね!
 
 
この週末も、メルマガを発行しました。
 
無料メルマガ、有料メルマガとも、金融危機から現時点まで、しっかりと“実績”を残しているファンドの紹介をしています。
 
是非、ご覧ください。
無料メルマガ
 
有料メルマガ
 
では、9月も、「良き月」となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

2014年2月27日 各国株価指数の通貨換算値での騰落状況 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/03/01 21:06)

アベノミクスによる円安の危うさビッグマック指数による換算レートの対比 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/17 16:00)

「海外M&Aが過去最高!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/07/06 19:19)

経済センサス・活動調査 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/02/17 12:22)