SEO に役立つキーワード(検証編)1 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SEO に役立つキーワード(検証編)1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 SEO に役立つキーワード(検証編)

SEO に役立つキーワード(検証編)



効果検証における目標設定(活用編)では、アクセス解析を用いた SEO に役立つキーワード、効果検証における視点・目標設定に関してお伝えしてきた。それらの内容を踏まえて、今回は、SEO に役立つキーワード(検証編)として、キーワードの効果検証を行う際に注目すべき点「離脱」についてお伝えしたい。

SEO の検証・改善で注目すべきこと以前のコラムで、キーワードを選定し、検証する上で一番大切なことは、「選定したキーワードが、目的を達成したかどうか」であるとお伝えした。この目的とは、サイトの訪問者に「一番見てもらいたいページ(お申し込みフォームなど)」を指す。

仮に、SEO 対策を行いアクセス数が増えたとしても、大半は「トップページですぐに離脱してしまう」というような場合、目的まで達しない訪問者が増えていては、その SEO 施策は成功とはいえない。

また、「離脱」は、効果検証後の改善を考える上で、注目すべき点の1つでもある。「離脱」とは訪問者がサイトから離れていったことを指す。離脱するという行動の背景には、「探していた内容が見つからなかった」、「サイトで提供されている内容が探していた情報と異なった」などが考えられる。「離脱理由」を推測することで次のステップへの改善策を考えることができる。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム