9月の住宅ローン金利 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

9月の住宅ローン金利

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるコラムです。


 9月の住宅ローン金利が出そろいました。

 8月に長期金利が1%を切ったのを反映して、住宅ローン金利は過去最低水準です。

 住宅金融支援機構がサポートする住宅ローン、フラット35も、返済期間が21年以上の場合で金利幅は、2.060%~3.200%(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.310%)。

 返済期間が20年以下の場合の金利幅は、1.870%~3.200%(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.120%)となりました。

 

 住宅ローン金利の低下が、マイホーム購入の追い風となって、自動車や家具・家電など個人消費を刺激するのを期待する向きもあるようです。

 国土交通省も、耐震性や省エネから品質の高い住宅に対し、フラット35の適用金利を当初10年間優遇する制度(フラット35S)の期限を今年12月以降、延長することを検討中です。

 でも、金利がいくら低いからといって、無理な借入は禁物ですからね 

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 スマートマネー塾「道場編」開講のお知らせhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-21.html

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの金利は今後どうなるの? 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/24 11:10)

住宅ローン金利の3タイプ のメリット・デメリット 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/08 10:00)

4月以降のフラット35の改正と新商品について 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/20 23:08)

固定金利と変動金利 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/08 13:00)

住宅ローンの選び方 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/12 10:00)