2号店目の出店をしてはいけないパターン - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

河野 祐治
株式会社 飲食店繁盛会 飲食プロデューサー
東京都
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2号店目の出店をしてはいけないパターン

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

 

やってはいけない出店というのがあります。

 

絶対にやってはいけない出店、それは、 「1号店目の赤字を取り戻すための出店」 です。

 

 これは、絶対にやってはいけません。

 

負けの込んだギャンブルと一緒で、どつぼにはまります(笑)

 

 しかし実際に、そういう出店をされる方がいます・・・。

 

次は、1号店目とまったく関係ない、シナジーのない業態。

 

収入の糧が別にあって、趣味でやるなら楽しいでしょうけど、 事業としてはリスキー過ぎます。

 

3番目は、1号店からも経営者の自宅からも離れた立地の出店です。

 

このパターンで失敗する方も多いですね。

 

人やモノのシナジーが働かず、経営者の目が届かない、

いざというときに駈けつけられない、のもリスクです。

 

できれば、1号店からも経営者の自宅からも、その地域の交通手段で20分以内が理想です。

 

逆に言うと、2号店目の出店条件は、1号店が繁盛していることが絶対条件であり、

その繁盛している理由にもとづいていることです。

 

そして、人が育っていることです。

 

人が育っているなら、繁盛しているはずですから。

 

それに、社員を採用しているなら、その社員の将来に対する責任の重さを自覚すべきです。

 

 経営者だけが儲かればいいということではなく、社員の収入を上げようとするならば、

事業として発展させるか、独立を支援するか、どちらかしかありません。

 

また、1号店の繁盛理由にもとづくということは、

1号店の強みを自覚して、それを強調するということです。

 

 つまり、1号店の分析が先だということなんですね。

 

次の出店を考えている方は、ご参考に。

 

 

飲食プロデューサー、中小企業診断士

河野 祐治

 

 

このコラムに類似したコラム

どうせやるなら「テキトーニ」ではなく「テッテイテキニ」 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2011/01/03 18:15)

自分の仕事を3つの視点で考えてみて下さい 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/12/12 18:36)

経営者の最大の役割と最大の福利厚生 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/12/06 13:11)

仕方ないことではあるけれど、でも、全ては自己責任です 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/10/09 12:18)

早起きの理由 河野 祐治 - 飲食店コンサルタント(2010/10/01 17:46)