携帯&パソコン&TV と ひきこもりの関係 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

携帯&パソコン&TV と ひきこもりの関係

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
子供の住環境を考える 子供にとっての家とは?

携帯&パソコン&TVが子供に及ぼす影響



今回は単独コラムです。

先日、あるTVで「今の子供の引きこもりの8割は、携帯やパソコン、TVが子供部屋から無くなれば、ひきこもりも無くなる」ということを言っていました。

確かに、この10数年で携帯電話やパソコンなどが普及して、コミュニケーションの体系が変わってきました。

大きく変わったのは携帯メールなどで「相手の都合に関わらず言葉を投げかけ、その返答が返ってこないことでストレスになる」というもの。

特にこの傾向は、低年齢(高校生→中学生→小学生)になればなるほど強いようです。
そしてこのコミュニケーション体系だと、社会に出たときには間違いなくストレスがたまり、精神的な影響が大きくなるでしょう。これは危惧されるところです。

コミュニケーションとは本来、相手との合意の元で成り立つもの。

この感覚は、家庭においてリビングルームで培われるものですので、親もこの感覚を忘れずに子供とコミュニケーションをとることがとても重要ですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「子供の住環境を考える」のコラム