マンション周辺環境をどう考える? - マンション売買 - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マンション周辺環境をどう考える?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. マンション売買
マンションか戸建か マンション

このような質問をいただきました。

 
■■検討しているマンションの前にとても広い土地があり、
同じ位かそれ以上のマンションが建つ事も可能だと言っていました、
建ってしまった場合は今の明るさがなくなると思います。 
日照権は1日に2~3時間だけ日が当たれば良いといわれ、
買うか、買わないか悩んでいます。■■

 
マンションを購入する方の中で、もっとも多い悩みかもしれません。

「将来についての日照・眺望について」
戸建の方は、今現状の日当たりについては、気にしますが、
将来の変貌は、あまりナーバスになっていないように思えます。

 
「なぜ、マンションは気になるのか?」
ほしい階数にもよるでしょうね。
1階や低層階であれば、最初から、前に何か建っている、
また、買う時点で妥協できている。

 
しかし、中層や高層では、
視界や日当たりを重視して購入している。
この違いであると思います。

 
戸建においても、高くても3階ですからね。
目の前に大きなビルが建たなければさほど変わりません。
マンションの低層階と同じ感覚であると思います。

 
目の前に、同規模の建物が建ってしまったら・・・・。
ひとつの方法としては、用途地域を調べることです。
どんな、街形成を目的とした、都市計画であるかを調べます。
用途地域をまずは確認します。
もし、同じ用途地域であれば、同等の建物が建つと考えてください。
もう1つは、マンション前にどれだけの余裕があるか?

 
敷地ギリギリに計画して、道路挟んで、向かいの敷地。
道路の幅にもよりますが、建物が建てば圧迫感があります。

 
しかし、難しい問題ですね。
現状、計画決定がされているようであれば、
告知する義務がありますのでわかります。
全く計画がない状態では、販売者側は、
「将来の住環境について変わるおそれがある」としか書けません。
これは、どこのマンションでも共通事項です。

 
どんなに深く考えても将来の計画はわかりません。
ココで長く時間を使うのは無駄かもしれませんね。

 
考え方を変えるとどうでしょうか?
検討しているマンションの裏側に住んでいる住民はどうでしょう?
「同じように、最低限の日照が確保されれば問題なしといわれた。」
周辺地域が1つも犠牲にならないことは少ないです。

 
マンションを購入することにおいて、
より有利な条件を検討し、探すことはもちろん大切です。
しかし、狭い日本。
お互い様という観点も必要かもしれませんね。

このコラムに類似したコラム

フジテレビ 『ノンストップ!』 にスタジオ生出演しました! 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2015/10/23 20:26)

マンション、一戸建て購入などの契約・解約等のトラブルを解決します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/10/16 14:00)

自分が買ったマンションって建替えできるの? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/08/24 12:00)

≪アドキャストpresents*中古マンション購入セミナー≫ 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2015/08/03 17:35)

『東京で家を買うなら』重版決定!! 感謝を込めて書籍プレゼント! 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2015/05/27 12:00)