自分を見つめる - 集中力・仕事の能率 - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
日色 雄一
(鍼灸師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは久しぶりのコラムになります

先日ある研修で「メンタル面を強くするには?」などというテーマでお話しをさせていただきました

参加者の皆さんは決してメンタル面に問題のある方々ではありませんでしたが、とても多くの良い評価をいただきました

その研修の中身でですが、自分自身と向き合う時間を作ることが1つ入っていましたが、これが皆さんにはとても心に感じられたようで時間をもっと欲しかったともご意見もいただきました

そうなんですね、日々の仕事の中では毎日が忙しくなかなか時間を割くことが出来ない、また自らの在り方に関心を向けることもなかなか難しいのが現状でしょう

しかし、そこでこのような研修では特別に多くの時間を使えるのです

自分にあるリソースはどんなことだろう?

特に自ら発想するのは難しい、なのでここではいくつかのリソースを気づきやすくする為にリソースカードなどを使いイメージさせやすくしたり、そもそもリソースとはどんなことだと分りやすくしました

人は自らに焦点を当てて考えると何だか不思議と落ち着き冷静になれ自信も湧いてくるのですね

自分の存在に気づき、安心ができる

そこから発想を広げ、ものの見方も変えられるではないでしょうか?

自分を見つめる時間を作ることは大事ですね

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

元気になれる今日の一言(5) 鶴田 育子 - 心理カウンセラー(2012/09/01 23:54)

“無”になる時間 1 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2011/11/27 08:00)

「会社に行くのが辛い」を考える 見波 利幸 - 主席研究員(2010/05/28 18:40)

やる気が出ないのは、なぜ? 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2014/11/11 21:54)

自分を好きになる スキンケア 傳川 紀子 - ヨガインストラクター(2013/02/14 15:36)