借入返済がメインにならないように - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借入返済がメインにならないように

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、八月最後の週末ですね。

とはいえ、最近の小学校はもう始まっているところも多いみたいですが。


昨日からの続き、今日は借入金の返済について。

「時間」のお話について考えましたが、返済でも同じです。

無理をして短い時間で返済を終えようとすると、とても苦しいことに

なってきます。


資金繰りにおける大前提である「支出は遅く」ということを考えても、

やはり借入返済については「無理に大きくしない」ということにつきます。

現状の返済が苦しい場合には、借換などをきちんと検討することで

「現時点での支出を減らす」ことを考えるべきかもしれません。


当然のことながら、元本の返済を減らすということはそれだけ長い間

お金を借りていることになるので、それだけ支払利息が増えることに

なっていきます。

困ったことではあるのですが、ソレ以上に現時点における支出を

減らすメリットの方が上回っているようであれば、借換については

躊躇わない方が良いのではないかと。


そして何より大切なのは、これらの手段はあくまで「補助的な手段」

であるということです。

借換でも何でも、それをやったからといって事業が好転する訳では

ありません。

大切な事は、そうやって作った時間で成果が出せるような手を

一つずつ打っていくことにあります。



いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

借入金を借入金で返すような生活 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/28 07:00)

借入金について 高橋 昌也 - 税理士(2010/08/27 10:01)

借金をするということについて 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/08 07:00)

時間制限 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/14 07:00)

事業形態の変更 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/12 07:00)