団体信用生命保険と民間生保、どちらがお得? - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

団体信用生命保険と民間生保、どちらがお得?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

こんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

住宅ローンを組む場合、住宅ローン債権を保全するために団体信用生命保険に加入することになりますが、団体信用生命保険の代わりに民間の生命保険に加入する方法もあります。

この場合、ご主人様だけで住宅ローンを組んで団体信用生命保険に加入するのでしたら、民間の生命保険に加入するよりも保障範囲が住宅ローンに限られる分、毎月の支払い保険料も割安になります。

ただし、ご注意していただきたい点として、ご夫婦が各々住宅ローンを組む場合は、民間生保の定期保険、特に逓減定期保険などでカバーした方が、支払い保険料は割安になる場合がありますので、予め調べておくことをお勧めします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

リアルビジョン 渡辺行雄

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。