入門の方には何を忘れたらいけないか?その4 - 英会話レッスン - 専門家プロファイル

YRC-Casey
Y.R.C. 英会話スクール 教育企画部 マネージャ
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

石田 さおり
石田 さおり
(英語講師)
イムラン
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

入門の方には何を忘れたらいけないか?その4

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話レッスン

じゃ今回も英語のもともと大切なところ、つまり入門の方にでも忘れたらいけないことの話を続けましょう。

 

どれもwh-で始めるのでちゃんと区別するのは最初に多少大変かもしれないだけど、次の言葉を覚えないとなかなか英語の上達が始まれないね。

 

who               誰

what              何

when             いつ

where            どこ

why               なぜ

 

なぜ大切なのかはその日本語の意味を見ればすぐ理解できるよね。その日本語をめちゃくちゃに使ったら、こんな文章になってしまう:

 

どこと映画を見ましたか?

あの人はなぜですか?

次の電車は何に到着しますか?

 

そう、どれも意味不明でしょう。一番目はあえて「誰と映画を見ましたか?」のつもりかもしれないが、二番目は「あの人は誰ですか」か「あの人はどこですか」か分からないよね。同じく三番目の電車の到着の話なら「どこで到着しますか」も「いつ到着しますか」両方ありうるので、「何に到着しますか?」と言われても何を聞かれているのがよく理解できないだろう。

 

英語なら同じです。たとえば駅員に「What is the train going to come?/次の電車は何に到着しますか?」と聞いたら当然通じない。「いつ到着するか」ならwhenを使わなければなれないし、「どこで到着するか」ならwhereを使わないと通じない。

 

さらにこの言葉の区別の大切さを表すために、日本語の会話で「誰」「何」「いつ」「どこ」「なぜ」は何回も使うよね。英語でもそれぐらい使うので、それぞれの意味を忘れたらいけないな。

このコラムに類似したコラム

英語学習の壁の正体 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/07/22 14:23)

クライアント様カルテのご紹介 ~Session in June~ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/24 12:26)

【Q&Aシリーズ 第7回】 英語発音 ザ ジングルズ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/19 15:41)

【英語ことわざ】「The hasty angler loses the fish (せいては事を仕損じる)」 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/03 17:11)

最も効果的なリスニングの向上法とは? 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/14 17:34)