財産分与の基準 - 専業主婦の場合 - 年金分割・財産分与 - 専門家プロファイル

山本 真吾
山本行政書士事務所 
神奈川県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

財産分与の基準 - 専業主婦の場合

- good

財産分与

結婚してから、ずっと専業主婦だったという場合でも、原則として夫婦で築いた財産の2分の1がもらえます。

結婚後、夫婦で築いた財産は、その名義が夫、妻のどちらになっていても、その財産を形成することに専業主婦である奥様も貢献しているわけですから、2分の1を請求できます。

これは、民法上に「2分の1」という基準があるわけではありませんが、過去の裁判例から、2分の1の基準は定着しています。

財産分与を相手に請求する権利は、離婚後2年を経過すると時効により消滅しますので、ご注意ください。

このコラムに類似したコラム

財産分与を請求できる期間は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:26)

財産分与に税金はかかるの? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:38)

離婚慰謝料の相場、加筆 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/24 12:46)

婚姻費用の分担のレベル 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/23 19:36)

「Q&A家事事件手続法と弁護士実務」、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/13 14:12)