証券優遇税制の延長 - 国内株式・ETF - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

証券優遇税制の延長

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 国内株式・ETF
最近の出来事

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 金融庁は、平成23年末に期限を迎える証券優遇税制を延長するよう、23年度税制改正で要望するそうです。急速な円高と、世界の中で取り残されたように株安が続く中、優遇税制存続は株価対策としても有効だとの判断です。

 証券優遇税制は、株式売買を増やし、株価下落をとどめるための時限措置です。上場株式などの配当や、株式を売却した際の譲渡益などにかかる税率を本来の20%から10%に軽減しています。

 
 日本の株式の売買にかかる税金は、長らく原則(回数や株数の多い場合は、申告が必要で総合課税でした)非課税でしたが、バブルに浮かれた1989年から、課税されることになりました。

 これだけ日本株が低迷してしまっているのですから、思い切って「原則非課税」に戻すのはどうでしょう?(わかりやすいですしね)

 でも、譲渡益が出ないんじゃ意味ありませんけどね

 

 森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

 9月の「スマートマネー塾」はオフショア投資の勉強ですhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-20.html

このコラムに類似したコラム

「彼岸底」の相場格言、データとまったく合致せず 伊藤 誠 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/21 17:00)

手放す勇気 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/20 22:03)

無料投資相談とNYダウ市況速報 大山 充 - シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(2015/04/11 14:25)

外貨預金は手数料と為替で決まる。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/07/13 17:42)

「株式投資信託への資金流入進む!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/03/22 13:07)