英会話スクールの選び方1 - 英会話教室 - 専門家プロファイル

イムラン
株式会社コペル・インターナショナル 代表取締役社長
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英会話スクールの選び方1

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話教室

日本語も話せるネイティブ講師に英語を習った方が英語オンリーの
ネイティブ講師から習うより最低10倍は早く 英語が身につく理由をお話します。


英語だけで英語を学ぶ方法。実はこれ、めちゃくちゃ効率が悪いのです。
だっ て、テキストや会話で分からない単語が出てきたら、どうするんですか?「これどういう意味ですか?」って日本語で聞けないし、英語で「Whatdoes ○○ mean?=○○ってどういう意味ですか?」と聞いたとしても、英語オンリーの答えを聞いても、分かったような、分からなかったような、微妙な感じになり ますよね?
英語だけでその単語の意味を説明してもらったとしましょう。
ほとんどの場合、1単語大体3~5分ぐらいの説明になります。
それでも分かったような、分からなかったような気持ちになるんです。
だから、ほとんどの人は家に帰ってその単語の意味を英和辞書で調べます。(家に帰って調べない人の方が実は多いですけどね。)
考えてみてください


もし、あなたが分からなかったその単語の意味を日本語も分かるネイティブの先生が
1) すぐにその時に教えてくれたら?
2) その単語を使った例文をたくさん教えてくれたら?
3) すぐにちょっとした会話の練習をさせてくれたら?
4) しかも、所要時間は同じく5分程度
どうですか、この5分の使い方の違い。
レッスン内容の濃さを比べてみてください。
英語オンリーの先生から習うと、5分かけてその分からなかった単語の説明をされるけど、分かったような、分からないような気持ちで終わります。


でも、日本語も分かる先生に習った場合は、分からなかった単語の意味も一瞬で分かるし、関連した英語表現まで学べます
そしてその時に習った単語や英語表現でちょっとした会話の練習もできるので、しっかりと記憶に残ります。
よく、「お家に帰って自分で調べた方が覚える」と主張する先生がいますが、正直ナンセンスだと思います。
だって、じゃあ先生は一体レッスンで何をしているの???という話じゃないですか???
よく使う単語のリストを渡して、生徒さんにはお家でそれを調べてもらっているようなもの。
それじゃあ、何も教えていないよ!!!


では、たまたま会話で「tough」という単語が出てきたとしましょう。実は、「tough」という言葉はけっこうやっかいです。
なぜなら日本語でもよく使うのですが、英語だと色々な意味があるから。
例えば、「tough guy」という英語、日本語と同じように、「タフなやつ」という風にも理解できるのですが、これがセンテンスになると日本語で使う意味とはけっこう違う意味になります。
例 えば、「He’s a tough guy to convince.」。「convince」は「説得する」とか、「納得させる」という意味なので、この英語表現の意味は「彼はなかなか手ごわい。(説得 するのが難しい、なかなか納得してくれない)」という意味になります。日本語で使うtoughとはまったく違いますよね。


他にもtoughを使った表現はたくさんあります。
Life is tough.=人生は厳しい。
You don’t have to act so tough.=そんなに強がる必要ないよ。
It’s a tough job.=大変な仕事なんです。
That’s a tough choice.=難しい選択ですね。
I had to make a tough decision.=苦渋の決断をしなければいけなかった。


どうですか、toughという単語だけでも、日本語も使って勉強するとこんなに色々な英語表現が習えます
「苦渋の決断」ですよ。普通に英語だけで英語を勉強していたら、習わないですよね。
実際に僕は英語だけで英語を教える教え方と日本語も使って教える教え方と両方を試したことがあります。初心者、初級者、中級者ぐらいまでは、日本語も使って英語を教えた方が、10倍ぐらい色々な英語表現を教えられます


10倍というとちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、正直なところ、10倍じゃ利かないですよ。
だって、英語オンリーで英語を勉強していると、
1) さっき書いたような表現はほとんど習わない
2) 習ったとしてもその場では意味がよくわからない
3) 日本語で言う「タフ」以外にも色々な「tough」があることにすら気がつかない
4) レッスンで何を学んだのかよくわからない
だから、日本語もわかる先生に習うのは、英語オンリーの先生に習うのと比べて10倍どころのメリットじゃないんです。
これで前者のレッスンの値段が10倍とかだったら困りますけど、英会話スクールの値段なんてどこもほとんど一緒ですから、あとは結果が出るほうを選べばいいだけです。
英会話スクールを選ぶ時は値段ではなく、日本語もわかる、日本語でも英語表現をしっかりと教えてくれる先生がいる英会話スクールを選んでください!
今までと比べて10倍以上、早く上達しますよ!



イムランの動画レッスンを是非ご覧ください。

 

イムラン



 

 

このコラムに類似したコラム

英会話スクールのクチコミ イムラン - 英語講師(2010/09/12 12:00)

英会話スクールに通うべきか?否か? イムラン - 英語講師(2010/09/02 12:00)

英語習得法の裏話1 イムラン - 英語講師(2010/08/24 12:00)

ストレス・・・とは言っても、英単語のストレスについてです。 大渕 ゆかり - 英語ヘルプデスク(2013/11/02 18:04)