衆議院選挙に勝つホームページ(例) - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

衆議院選挙に勝つホームページ(例)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
選挙とホームページ作成について 衆議院議員選挙に勝つホームページ作成

衆議院選挙に勝つホームページ(例)



300もの小選挙区があり、それぞれの選挙区事情もあります。
ですか衆議院選挙に勝つホームページは一応ではありませんが、
例示しながら考え方を説明します。

筆者は練馬区民です。
練馬区は東京9区と東京10区にまたがっています。
東京9区は練馬区の一部、東京10区は豊島区と練馬区の一部です。
私の住んでいる所は東京10区で、前回の郵政選挙では「刺客」第一号の小池百合子氏が

乗り込んできたところです。
新党日本の小林興起さん(現:国民新党)と民主党の鮫島宗明さんをあわせると、
現職の衆議院議員が3人もいた選挙区で、日本共産党の山本敏江さんとあわせて、
4人の戦いでした。

衆議院議員選挙は与党(自由民主党・公明党)から1名、民主党、日本共産党の3極対決が多いですが、
それに社会民主党、国民新党などが絡んでくる選挙区もありますし、
保守系無所属が立候補する場合もあります。

その構造によってホームページの運営も変わってはきますが、
与党なら民主党、野党なら自由民主党もしくは公明党の候補を意識した
ホームページ運営を行うのがまずよいでしょう。

練馬区発祥のホームページ作成会社

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「選挙とホームページ作成について」のコラム

LOVE JAPAN 2009(2009/07/28 13:07)

小沢一郎史(2009/05/13 22:05)