ゴルフ場か水族館か、猛暑に学ぶ投資ポートフォリオ理論 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフ場か水族館か、猛暑に学ぶ投資ポートフォリオ理論

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

猛暑が続き、レジャー産業に様々な影響が出ています。
勝ち組は水族館などで、毎日新聞によると「エプソン品川アクアスタジアム」は、今月1日から19日までの来場者数が前年同期比約115%に伸びたそうです。
旗色の悪いのが、炎天下でのプレーとなるゴルフ場など。

さて、ほてった頭を冷やし、猛暑を題材にポートフォリオの基礎理論について考えてみます。

猛暑かそうでないか。
勝手ながら、発生確率を2分の1とします。

猛暑日は仮定期待リターンが「ゴルフ場-25% 水族館50%」。
涼しい日であれば「ゴルフ場50% 水族館-25%」。

さて、資金は200万円。
仮に水族館にまとめて投資すると、猛暑になれば100万円(200万円×50%)の利益が出ますが、涼しい日になると50万円(200万円×25%)の損失となります。

そこで、200万円を100万円ずつに分け、ゴルフ場と水族館にそれぞれ投資します。

まず猛暑の場合。
ゴルフ場は25万円(100万円×25%)の損失。
水族館は50万円(100万円×50%)の利益。
25万円のプラス収支となり、リターンは12.5%(25万円÷200万円)です。

涼しい日となった場合。
ゴルフ場は50万円の利益。
水族館は25万円の損失。
やはり25万円のプラス収支となり、リターンは12.5%です。

分散投資により、天候に影響されず安定したリターンをもたらすポートフォリオが出来ました。

いや、今年は猛暑だから全財産を水族館につぎ込めば?
個々人の自由ですので止めはしませんが、それは投資ではなく丁半博打です。
   
   
☆お子様が5歳までならチャンス!貯蓄率122.3%の学資保険!
http://www.adual.co.jp/html/gakushihoken.html

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

金融資産運用の見直し-投資信託 西内 純 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/17 14:42)

金融資産運用の見直し-続き② 西内 純 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/14 17:06)

金融資産運用の見直し-続き② 西内 純 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/14 16:57)

ドッカンターボとオーバーシュート 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/18 09:00)

4,505%のインフレ予測、ベネズエラ 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/11/11 09:00)