仮想化を理解する(5) - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

林 隆史
WHO'S NEXT 
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仮想化を理解する(5)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
仮想化 サーバ仮想化

クラウドコンピューティングと仮想化の違い。

クラウドは運用モデルであり仮想化は技術です。

クラウドとは必要な時に利用出来るというメリットがある事です。

ただこの理論だとプライベートクラウドでは意味が変わってきます。

クラウド自体結構あいまいな定義なので混乱してきますがクラウドと仮想化の関係は密接なものになります。

今のクラウドを支えるのが仮想化技術とも言えます。

クラウドは仮想化なしでも構築できますがいろいろと不都合があります。

まず

1.サーバ台数が増える。物理マシンの台数が増えイニシャルコストもランニングコスト(電気料金等)も膨大なものになります。

2.管理が大変。仮想サーバなら一元管理できますが同じ様な機能を持つ管理ツールがありません。

3.高可用性に乏しい。HA機能を装備しようとすると更にサーバマシン等機器の追加や設定が必要になります。

4.スピードの問題仮想化ならすぐにサーバホストを新規で立ち上げる事ができますがそうも行かない。

5.リソースの振分ができない。CPUやメモリ等同じ性能のサーバマシンではなく様々なマシンをそれぞれに応じて用意する必要がある。クライアントの要望に応じてメモリ2GとかCPU4コアとかマシンをそれぞれ用意し、メモリ追加要請があればマシンを止めてメモリを挿さなければならない。

以上の点で仮想化技術なしにamazon EC2の様なサービスを立ち上げる事は非常に困難です。

 

 

お客様に最適な ITソリューションの創造。=株式会社フーズネクスト=

サーバーのことな ら ネクストサーバー NEXTSERVER

 

このコラムに類似したコラム

仮想化を理解する (4) 林 隆史 - ITコンサルタント(2010/07/23 20:00)

仮想化を理解する (3) 林 隆史 - ITコンサルタント(2010/07/22 19:00)

仮想化を理解する (2) 林 隆史 - ITコンサルタント(2010/07/15 17:00)

仮想化を理解する (1) 林 隆史 - ITコンサルタント(2010/07/15 14:00)

「幸せから生まれる幸せ」 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/10/11 11:00)