「安定した良い会社に転職したい」って? - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

藤原 純衛
誠和株式会社 人財マッチング(採用・転職支援) 担当部長
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「安定した良い会社に転職したい」って?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
キャリアプラン


転職希望者みなさんが口を揃えて「安定した良い会社に行きたい」とおっしゃいます。

こんなご時世ですので、お気持ちはわかるんですけど、どこにあるんでしょうね、その「安定した良い会社」って。

以前、同僚が面談した40歳くらいの人。

在籍してきた6社はいずれも「世界に名だたる日本の超優良企業」「ある分野では世界最大シェアをもつ会社」と、それこそ誰がみても「安定した良い会社」です。

しかし、その転職理由を聞くと悲惨。

「配属された部門が事業撤退した」「配属された事業部門売却に伴う解雇」「会計不正が行われ大幅な人員カット」などなど、いずれも「会社都合」です。

転職回数が多いのに、こういう事情を理解してもらえたのか6社目(現職)も世間的には「安定した良い会社」で、心配していた家族も喜んでくれたんだそう。

でも、その会社も最近ニュースを賑わすような事件を起こしてくれちゃった。

ここまで来ると「この人が貧乏神?」と思ってしまうほど。
さすがに転職活動も6回目になると「会社運が悪い」は言い訳にならんでしょ。

いい学歴と”良い会社”にいたブランド力をポテンシャルとして評価され、おのおので事業企画的な”良いポジション”にいました。

でも業界に一貫性がなく、事業分野も大きく異なることから応募会社からは「バラバラな経歴」と評価されてしまいました。

ご自身の活動でも「年齢が高い」「業界経験が浅い」「転職回数が多い」等々で苦戦を強いられているのだそうです。

こういう話を聞くと「『安定した良い会社』って何だろう」って思うんです。

結局「その会社でどういうキャリアを積むか。

いつ事業撤退にあっても外部で生かせる自分のキャリアを磨くか」がポイントなんじゃないかと。

みなさんも、単純に「名の通った良い会社」を選ぶのではなく「その会社に入社することによってどういうキャリアを積めるか」で選ぶようにしてはいかがでしょうか。
 

このコラムに類似したコラム

転職活動もマーケティングが重要 上田 信一郎 - キャリアカウンセラー(2011/08/11 10:01)

書類選考に通らないとお悩みの人へ 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/08/03 12:29)

コンサルタントへ応募する前に 高田 裕子 - キャリアカウンセラー(2013/06/05 18:10)