その3 為替レートはどうして変わる? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その3 為替レートはどうして変わる?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
外貨建て商品はこう始める!
外貨建て商品の為替差益を考えるとき、円高や円安という言葉に迷うよりも、ドルという商品をいくらで仕入れていくらで売れば儲かるのかという風に考えると、随分分かりやすくなります。

ドルという商品を安く仕入れる→円の価値が高いときに仕入れる=円高の時

ドルという商品を高く売る→円の価値が低いときに売る=円安の時

これが為替差益を考えるときの基本です。

では、為替レートはどうして変わるのでしょう?

かなり思い切って言ってしまうと「人気者の通貨は価値が高くなる!」のです。

例えば日本とアメリカを比べるとアメリカの方が高金利です。するとアメリカの通貨をもってアメリカに投資したいという人が増えます。米ドルの人気が上がり、価値が高まりるのです。

そうなると相対的に日本円の価値が低くなる、つまり円安になるということです。

実際には、他にも様々な要因があって為替のレートは変わるのですが、ベーシックな考え方として参考にして下さい。

為替レートの動きとニュースをチェックしながら、その関係を推理するのも楽しいですよ。

次のコラムを読む

ワイズライフFPコンサルタントお金の学習室へ