自邸改修記12…外部の合板使用は要注意 - 外構リフォーム - 専門家プロファイル

佐山 希人
佐山建築研究所 一級建築士事務所 代表取締役所長
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自邸改修記12…外部の合板使用は要注意

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 外構リフォーム
自邸改修

柱の最下部が痛み始めている。この写真は水が上から来たのではなく下から吸い上げられていて腐朽しているのがわかる。これは、シロアリや害虫によるもので はない。しかし、土台は体に悪くない防腐剤を加圧注入しているためほとんど腐朽していない。柱は内部露出の真壁としているため、やはり体への影響を考慮し て、防腐剤を使用していない。そのため、土台は腐朽せず、その上の合板と柱が腐朽し始めていた。特筆すべきは、他の場所でも水が進入したところにある合板 はことごとく腐朽していたことである。水が進入する可能性のある場所での合板使用は特に気を遣いたい。かつてシロアリも真っ先に合板を食い始めるのを目撃している。

このコラムに類似したコラム

狭小スペースに ゆとりのキッチンが出来る訳とは? 第2弾! 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2010/06/06 00:00)

エコポイントです。 信戸 昌宏 - 建築家(2015/09/10 12:00)

この原点が~20数年経たでも今変わりません!  9 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/06/21 23:18)

この原点が~20数年経た今でも変わりません! 5 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2015/06/17 16:31)

段差解消工事 信戸 昌宏 - 建築家(2015/03/20 12:00)